FC2ブログ

てんてこ毎々

愛犬ダックス親子のこと自身のことくだらないことなど♪                                                           *申し訳ありませんがコメントは受け付けておりません(_ _)

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年も!

ボクのこと3年間見守ってくれた犬とものみなさん、
陰ながら応援してくれたみなさん、
今までどうもありがとう!!

ボクね、今は自由に歩けたり走ったり出来るんだよ!
何も怖くないし痛くもない世界へと旅立ったんだ!

カカやトト、ムースネーちゃんフェイレイのそばにはいられなくなったけど
これからは遠くでみんなのことを見守っているボクなんだ!

だけどボクが家族の元からいなくなってからみんな寂しく暮らしている。。。

ボクがいなくなって寂しい思いをしているボクの家族のこと、
みなさん来年も変わりないお付き合いをしてやって下さいね

ヨロシクおねがいします!




今までボクのこと見守ってくれてありがとう!
みなさん良いお年を~

toyより

よかったらペットブログランキング
を押してくれると嬉しいです 

スポンサーサイト

最後まで

どこから伝えればいいのだろう・・・

実は先月に入ってからトーイは発作が続き入退院を繰り返していました・・・

3度目に退院した日、首に小さな穴が開いていたのを見つけ
そこから汁のような物が出ていたのでよく見てみると膿のような物がありました。
直ぐに行き付けの病院へと連絡し担当の先生に首に注射などうちましたか?と
聞くと先生から『そこには注射器で何かしたと言う事もなく、また
穴を開けた覚えはないんだけど。。。』と言われしばらく様子を見て
止まらない様ならば来てほしいと言われました。

消毒しながら1日様子を見ていると汁が止まり
かさぶたが出来てくれましたがやはり膿の事が気になって
病院へ連れて先生に診てもらったのですがすでにかさぶたが出来て止まっているし
触ってみても何ともなさそうなので下手に傷は付けずに
このまま様子を見て下さい、
ただ腫れた時には直ぐに連れて来て下さいと言われました。

この時私の中では膿は取らなければまた化膿するのでは?
と思いましたが先生が言う様に下手に傷を付けそこからまた菌が入ってもと思い
この日は健康診断もしてもらい帰って来たのです。

入退院を繰り返していたもので餌の量は減りウンチの出が悪く
気張る力がなかったようで途中でウンチが止まりながら痙攣し発作

中途半端に出ていたウンチを取ってやるとそれはもう硬くて・・・

しばらくして大きな発作と痙攣が続き夜中同じ病院の夜間へと
緊急に連れて行ったのです。

ですがそこで言われたのは白血球の数値が高いと言われました。
普通なら数千の数値の白血球が2万も越えていたようです・・・

この日は点滴・抗生物質などで対応し何とか発作や痙攣は治まりましたが
白血球の原因は分からない為担当の先生に診てもらう事で
この日連れて帰ることは出来ず
私達もその方が安心だと思いそのまま帰りました。

その後病院へとトーイの様子を聞いたところ
発作や痙攣は無くなったものの餌を食べても少し吐いてしまうし
まだ回復までにはいかないと言う事で何日か病院に・・・
入院している間は病院からの連絡を待つかこちらからトーイの状態を聞くだけ。。。

その後病院から連絡が入りトーイを迎えに行きましたが
先生から『何日か餌を吐きましたが少し落ち着きましたし
連れて帰ってもいいでしょうがただ発作はこの先も続くでしょう、
抗てんかん剤の薬を増やすことは可能ですが臓に負担が掛る為
今は出来るだけ増やしたくないし薬はこのままで続けましょう』と言われ
一旦退院をしましたがその時のトーイは元気はなく目に力がありませんでした。

連れて帰ってからも元気はなく目に力はなく
病み上がりからか以前よりも首に力がなく怖いくらいクネクネで
ちょっと油断をすると首が取れるような感じで本当に怖かったので
首に負担をかけぬ様前以上にバスタオルで赤ちゃん抱っこしてました。

連れて帰ってきたもののその後も餌は吐き出すし水も少し垂らす状態。
何時もなら愚図ったり泣いたり吠えたり
どんなに頭の病気でもオシッコをしたい時は知らせてくれたりしてたのが
愚図る事も泣く事も吠える事もせずオシッコも垂れ流し状態でした。。。

先生は何も言わなかったけどこの状態で退院って
もしかしてもう、、、、、?と要らぬ事ばかり考えてしまい
この時は旦那と覚悟を決めていましたが反面病み上がりだからかこうなのかも?
と思ったり・・・

その後3日間様子を見ていましたが餌は吐かなくなったものの
食べる量が減り食べる力も飲み込む力もなくなりの中
無理やり数回に分け食べさせていた状態で
家に帰ってきてからもトーイの様子は変わらない数日が続き
このままでは危ないと思い病院へとトーイの状況を連絡し
近くの病院で点滴を受けさせようと思いトーイの身体を抱き上げた時に
首が赤く腫れているのに気が付き直ぐにこの事を担当の先生に話し即病院へ向かいました。

病院で検査をすると白血球が3万という数字になっており
また何だかの菌が原因と言われ入院。。。
先生からこの『赤く腫れた物は何時からですか?
今日、昨日の腫れではないようだけど』と言われました。

家に帰って来てから毎日バスタオルで包んでいたので気がつかなかった、、、
そして首だけでなく頭の手術したところも
赤く腫れあがっていたんです。。。

毎日寝る時は川の字で真中にシーツをひき
トーイを寝させオシッコをしても気持悪くならないようにと
お尻からお腹にかけてタオルは上へと上げていたのに・・・
頭なんか何もしていない状態だったのに気がつかなかった?
いや、前日まではなかったはず・・・
そう思っていてもやっぱり気付かなかったのでは?
と思うと先生にハッキリと言いきれませんでした

この日腫れの原因を調べたところ頭から首にかけてのチューブの周りに
菌が付着していると言われ、今できる懸命な処置は
このチューブを外し菌をやっつけ奇麗にしてやる事と言われました

外すと言うことはまたトーイに負担をかける手術となります。

半年前くらいに大きな発作が起きた時チューブの中に何時からか何か詰まっており
今はそのチューブが役に立っていないという事がありました。
この時先生から『何時からか分らないけれどこの様になっても
今までのトーイの様子を見ている限りなんだ変わりはないし
新たにチューブを入れる手術をしたからと言って
以前よりも良くなるという保障はありません。ハッキリ言って
このままの状態でなにも変わらないと思います』と言われた事があります。

この時私はそれでも詰まっているチューブの交換をさせたいと思いましたが
旦那の思いはもうトーイに負担をかけさせるのも
手術させるのも可愛そうだといい2人の話が分かれ一晩中
夫婦で考え話し合い納得しこのままの状態で今まできていました。

その事もあり私1人が決めるわけにもいかず、、、

先生にこのチューブを取り除き菌を取り頭の中を奇麗にしてやることで
トーイはまた以前の様になりますか?と聞くと
『今この事が原因で発作が続きこの様な状態になっているので懸命に処置し
中を奇麗にすれば前のトーイちゃんには戻ります』と言われこの日は1度帰り
旦那に話しそれでトーイが以前の様に元気に戻れるならと
今月1日手術を麻酔もかける事もなく鎮静剤だけで行う事になったんです。

鎮静剤だけで手術が出来たと言うことは
それほどトーイの体力は低下していたのだと想います

手術は無事終わったのですが頭を開けてみて先生も想わぬ状況へとなっていました。

頭を開けてみて分かったことらしいのですがチューブに付着していただけでなく
何時からかチューブの中にも膿の様な菌が入っていたようなのです。。。
頭に入っていたチューブを見せてもらいましたが頭の部分には
たくさんの膿の様な菌が詰まって入っていました

穴も開いていないチューブなのに何が原因でチューブの中に入ったのかは分かりません。。。

思わぬ方向へとなりトーイは昏睡状態に陥りどうなるのか分からない状況に・・・

なんの菌なのかを調べてもらっており
分かり次第その菌に対しての処置が出来るそうなのですがそれまでの間
最低でも3日間トーイの体力と命が持つかどうかと言われました

良くなると思っていたのにこの日はショックで涙が止まりませんでした。。。

その後も昏睡状態に入っているトーイが気になり
いつかは目を覚ませてくれると信じ何度も病院へと足を運びました。

病院へ行くには2時間半かかりトーイに会えるのは2分もない
それでも話しかけたり触ったり私達の匂いが付いた服を置いたりと。。。

そんな中1度手足をばたつかせているトーイを見て意識が戻ったと想い
意識は戻ったんですね!っと聞くと
残念ながら意識はなくこれは無意識なんですよと言われました。

この日は先生に言われた日からか5日経っており
菌の結果も出ておらず菌に対しての薬もないままでしたが先生から
今使っている抗生物質でなんとか腫れは治り膿も奇麗にはなってきていると言われました。
けれどまだ頭の中の膿が少し出てきてる状態だと言われ
今も昏睡状態が続いてるけれど点滴だけで今まで過ごしてきたので体力が心配だと
胃の中にチューブを入れそこからエサや水を上げるかどうかと相談されましたが
即チューブを通してもらう事に決めました。

これまでもそう・・・飼い主のエゴと自己満足かもしれない

けれど生きたいとトーイの中で思っているから無意識の中手足を動かしているんだと、、、
もしもトーイに生きるという気力がなければ先生が言った最低3日間の間に
この世にはいなかっただろうし5日経っても昏睡状態の中頑張って生きてる!
もしかしたら意識が戻るかも知れない。
もしダメだとなっても最後にお腹がすき水も潤せないままなのは・・・
どちらに転んでもしてやれることがあるならば最後までしてあげたい。


この状況をブログへと書かなかったのは
トーイはきっと私の腕へと帰ってくる!
また一緒に歩く日があるんだと強く思っていたからです。

こんな状況でこんな状態だったけど無事乗り越え帰ってきたよ!って書きたいって・・・


だけどその後も1週間頑張ってきましたが
昨日9日日曜日に病院から状況が悪いのでと連絡が入りました。
グッタリとし呼吸が弱くなっている状態を見て私は涙が止まりませんでした・・・
先生はトーイの様子から今日の夜がやまです、
だけど苦しむことなくこのままで逝けると想いますと。。。
最後にエサとお水をチューブから入れてあげてもいいですか?と聞く私に
先生は負担がかからないようにと少しだけならと言ってくれました。

このまま病院でと言うわけにはいかず先生と話をし
私達はトーイを家へと連れて帰って来ました。

トーイ、家に帰ろうね、、、お願いだから家に着くまで頑張れ!!
そうトーイに話しかけ家まで帰って来ました

本当ならギュッと抱いてあげたいけど抱くとトーイの呼吸が苦しくなるそうで
横にしたままにさせて下さいと言われてたから抱いてあげたくても抱けない。。。
グッタリと横になるトーイを見て旦那と2人トーイが元気だったころの話をしたり
飼い主のエゴでいらいこちゃんをしてしまったけどこれで本当に良かったのかな?
と話し合ったりトーイを触りながらトーイに話しかけたり謝ったり・・・


今まで頭や身体があれほど熱かったのに今はもう冷たい
なのにお腹が空いているのかお腹がグ~っとなったり
呼吸は弱いかも知れないけどいびきをかいている

まるで寝ているようなトーイ


トーイが好きだったリンゴとドックフードを新しいミキサーで粉々にし
チューブの中へと入れ水とあげました

昨日は2人していやって言うほど泣き
私はトーイの手を握り旦那は足を握りしめ一晩過ごしました

が昨日のやまを乗り越えて呼吸をし生きているのです

慌てて先生に連絡しました。
見ている限り意識は戻ってはいないようですが
吐かない程度にとエサと水の量を聞き2時間おきに数回に分けて上げています

チューブの中にエサや水が入ると胃が動いてるんです
無意識なのかも知れないけど時々手足がピクッて動いたり・・・

頑張って生きてるんだ!




トーイのカウントダウンは近く今日持つかどうか分からない

けれど今は最後まで傍にいて話しかけ痛かった熱かった頭や身体をなでてやり
悔いのないように後悔のないように見届けたい。




よかったらペットブログランキング
を押してくれると嬉しいです おうえんヨロシクです♪












プロフィール

zero

Author:zero
☆犬種・動物関係なく
お友募集中です
よろしくお願いしま~す☆



☆我が家の⊆^U)┬┬~たち紹介☆
mousse(ムース)
ピュアクリームの♀
外では内弁慶ですが家では
我が道を行く子です( ̄ω ̄;)


toy(トーイ)
ぼく負けないよ

チョコタンの♂
我が家へ来たのが生後4ヶ月、
そしてその2カ月後
水痘症という病気になり3年半
飼い主共々病気と闘い頑張りましたが
2007年12月11日午後6時15分頃
3才7か月我が家で他界・・・
可愛かったトーイが居なくなり
今もまだ悲しく寂しいけれど
トーイと病気の闘いは
後悔も悔いもありません!


fayray(フェイレイ)
ブラックタンの♀
ムースの子供です
外では親譲りの性格ですが
家ではワガママ放題の甘えん坊
男の子と間違えられるのだ(ノ_-;)


☆お断り☆
中傷的なコメント又
他の方にご迷惑が掛かる様な
コメントやアダルトサイトの
宣伝や広告ど
管理人が不適切と思ったコメント
トラックバックは許可なく
消去させて頂きます

頑張れわんこ達!

同じような病気、 また病気名は違っても共に わんちゃんと飼い主さんが闘っている  HP ・ ブログです

ミントちゃんはトーイと同じ水痘症と闘っています。 ミントママさんからは色々と教えて頂ました                                                 桃ちゃんはクッシング症候群と闘っています      バロンちゃんは椎間板ヘルニア・臍ヘルニア・前立腺肥大などと闘っています クッキーちゃんは自己免疫性リウマチ様疾患と闘っています                            

とても参考になると思います

お気に入り

気に入った商品をご紹介

今日の出来事
カテゴリー
全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ
ワン友リンク
最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム
フリーエリア

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。