FC2ブログ

てんてこ毎々

愛犬ダックス親子のこと自身のことくだらないことなど♪                                                           *申し訳ありませんがコメントは受け付けておりません(_ _)

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院では、、、

以前に書いた続きです

今月6日にその後の経過を見る為に
トーイを病院へと連れて行った事の話ですが
この日は朝からバタバタしました
寝不足が続きで遠出をするのは不安で
少しでも気がまぎれるようにとの中では大人しい
孫のフェイレイも連れて行くことにしたのです。

ペットボトルに水と水を飲ませるためのとぬれタオル

何を忘れてもこれだけは忘れるわけにはいけません
トーイにとって1番大事な物なのです。
の中では鳴き続けて体の温度が上がらないように
冷たくぬらしたタオルでトーイを巻いて
の後ろに置いてあるケージに入れました
夏場ならば冷たく凍らした保冷剤が必要ですが
少し寒くなった今、こちらが風邪を引きそうなくらい
のエアコンで十分でした

以前ならボンボンと振動の激しい車に乗ると
何故か安心して寝ていたトーイでしたが
やはりこの日に乗っても泣きじゃくるばかりでした。
高速に乗るまで泣くトーイをそのままで行き
高速に乗ってから直ぐのSAでトーイを出して抱っこをし
落ち着かせその後寝てくれましたが
寝たから大丈夫だろうとまたケージに戻し走ると泣きじゃくるのです
少し距離を走ってまたSAに止まり見てみると
後ろのケージの中で横になりコロコロと体を回している状態に・・・
これでは気になって運転も出来ないと思ったので
前に乗せ抱っこ袋(抱っこだワン)に入れ落ち着かせ寝たところで
そのまま運転し走りました。
スヤスヤと寝てくれるのはいいけれど運転がしにくい
高速だから何とか走れるけれど
降りて地道になると危ないから降りる手前のSAでまたケージに入れ
今度はクルクルと回れないようにとに積んでいたダンボールで固定。
ケージに入ると泣きじゃくるトーイを病院へ着くまで我慢させ無視し
やっとこさ病院へと到着しました。
病院へと着き順番が来るまでトーイを前へ移動させの中で待機
その待機中に病院へと1台のが入ってきて
出てきたのはおじさんと同じ犬種のダックスちゃんでした。
よく見てみるとオシメをし足を正座のようにして
どうもお尻が下がっているよう。。
病院の中に入り待っている間オシメが取れたようで
おじさんはワンちゃんを抱えながら
ペットシーツをワンちゃんのお腹へと持ち外へ出てきました。
どうも興奮していてオシッコを散らしているようで
持っていたオシメをそのおじさんに「どうぞ」と渡し
2人係でオシメを付けましたがサイズが合わなくてダメでした
その時その興奮したワンちゃんに
オシッコを服に掛けられてしまいおじさんは気にして謝りますが
私は気にもならなくまた汚くも思わないのです
だってワンちゃんだし仕方が無い事ですもん。

おじさんに「この子は足が悪いのですか?」っと聞くと
おじさんは『この子はヘルニアになってね・・・』っと
ヘルニアという病気名は知っていましたが、足を引きずり
腰が抜けたような状態になるんだと初めて見て知りました
そうこうしているうちに先生が呼びに来てくれてトーイの診察を。

診察室に入りまずはトーイの目や体を触り診察。
そして立つ・歩くという行動を見る為に下へ下ろしますが
足に力はなくこけて横にコロコロクルクルと回りだすトーイの様子を
見た先生は頭のレントゲンと血の再検査をしたいと言うのです
もしかしたら頭からお腹にかけてのチューブに
何打かの異常があるかも知れないと
不安なままその間は待つ事に。。。

30分後先生から検査の報告で呼ばれ中に入り話を聞くと
レントゲンで見る限り頭からお腹にかけてのチューブには異常は無く
血液検査もどれも正常で基準を充たしているとの事

(んそれならば何が原因で)

先生の話によると、人間でも動物でも自分のものではない
異物が体の中に入ると合わなくて何打かの異常をおこしたり
現したりする事もあるしもしかしたらトーイの手術痕から
ばい菌が入ってこの様な状態になるのかも知れないと言われました
そのどちらが原因なのか調べる為に
また新たな薬でしばらく様子を見る事となったのです。。。
薬は出来るなら飲ませたくなかったステロイド剤(プレドニゾロン5mg)と
抗生剤(バイトリル50)と胃粘膜保護剤(スクラルファート)
というのが加わりました
今飲ませている抗てんかん薬(フェノバール)に
イソバイド(利尿剤)を入れると5つの薬を飲む事に。。。

沢山の薬を飲ませるのは可哀想だけどトーイのためだもんね
診察を終え帰ろうとしたら同じように
おじさんとヘルニアのワンちゃんも診察室から出てきたのです
「どうでしたか?」っと聞く私

この時のお話はまた今度に。。。

今回こちらが活躍した抱っこだワンです
いろいろな色やタイプがあります
私は風通しのいいメッシュタイプにしました
飼い主さんは両手が空いてラクラク
ワンちゃんは気持ちよく
とてもいいですよ


押してみて見てね

よかったらペットブログランキングを押してくださいね おうえんヨロシクネ♪

スポンサーサイト

嘔吐に食欲不振で・・・

今愛犬トーイが寝ているの書いています

この前病院から帰ってきてからは餌の量が少し減ったトーイ
薬がキツイせいで寝る時間が多くなり
眠くて食べれないのだと思っていました

今月に入って間もなくトーイは餌を口に持っていっても歯を食い縛り
全く餌を受け付けてくれずで
薬もあるから無理やり時間をかけては食べさせていたけれど
その後直ぐに吐いてしまう日々でした

最初この吐く事には理由があると自己判断していた私

そう思ったのはこの前瀕死状態の中大阪の病院へ行き入院し
そして無事退院し病院から帰ってきてからのトーイは
以前と様子が違い変わったからです。

(病院から帰ってきたからと言って病院側が悪いとかじゃなく、
病気の事もありますが病院へ連れて行くまで
トーイに辛い思いをさせてしまった時間が原因の1つでもあり
この時からトーイの様子が変わってしまったのでわないかと思います)

病気の1つである痴呆症を持っているからか
朝夜逆転の日々で朝から夜まで寝てばかりで
オシッコやウンコなどは一旦目が覚め起き泣き喚くけれど
立ち上がる事すら出来ず寝たままでしてしまう状態に・・・
夜中から朝方までは吠えたり鳴き続けそして歩きたいようで
歩かせると歩こうとトーイは頑張るけれど2・3歩
歩くとつまずき歩く事も出来ず頭で体を支えたりし
足をばたつかせたりコロコロと転がるようになってしまいました。。

起き上がる時には頭で体を支え起き上がろうとするのだけれど
首が横になりおもいっきり後ろへとそってしまうのです

その度抱き抱えるのですが気がすまない時は抱かれながら吠えたり
腕の中で手足をバタバタさせ暴れています。

この事もあるので抱きながら餌を与えた後のトーイは
目が覚めてしまうようで鳴き喚き
歩きたいのか餌が嫌なのか、泣き喚きながら手足をバタバタさせるから
下へ置くと歩こうとするけれど↑の状態になるから
お腹や胃が圧迫されてしまい吐いてしまうものかもと
勝手に判断し思っていました

ですがさすがに3日も吐く事が続くと心配になり病院へと電話

先生から言われたのは
↑の状態と餌を吐く原因とは関係ないと言われました
もしかしたら胃に負担がかかっており荒れているかもしれないので
近くの病院へと行き胃を調べてもらい薬を貰って下さいと。
直ぐに近くの動物病院へと行き内診をしてもらったところ
大きな事もなく胃薬だけで済みました。
この時診て貰って分かったのですが
病気の1つである膀胱炎であったのがなくなっていました

そして今月6日の月曜日にその後のトーイの経過を調べる為に
大阪の病院へと行ったのですが・・・

すみませんトーイが起きてしまったのでこの続きは今度に

PS・前回書くのを忘れていましたが
心配しメールを下さったみなさん、
そして暑中見舞いを下さった方々ありがとうございました
ご連絡・お返事が書けなくてすみませんでした
よかったらペットブログランキングを押してくださいね おうえんヨロシクネ♪





またまた。。。

おおぉ
半年間ブログを書けず休んでいる間にめっちゃ変わってるし・・・

遊びに来てくれたみなさん、
そしてお友だちのみなさん、
今更でまたかよですが長い事ほったらかしですみませんでした
<(_ _)>

ここではムース&フェイレイと共に
元気なトーイを書き届けたくてあまり書かなかったのですが・・・

実は今年に入ってから去年よりも
トーイの発作の回数が段々と多くなっていました。。。
5月末からは度々起きる発作に不安になり
今自分達が出来る事をしてやりたく
この間少しでもトーイが元気な時に、
体調が良い時には外へ遊びに連れて行ったり
3匹連れての遠出などをしていましたが
7月に入ってからは発作はあるものの
食欲はあり水もよく飲む状態でしたが
水を飲めば水を飲んだ分出ている様な
そして尿の回数が多くなっている様な気がして
トーイを病院へ行ったところ膀胱炎だという事が分かりました
トーイはオシッコをする度に鳴いて汚れたシーツを嫌がり
その度寝ていても夜中朝方と起きてはシーツを替えていました。

そして9月に入ってからだったと思います
夜中にムース達の鳴き声に目を覚まし
トーイを見てみれば今迄と違った発作とけいれんに
口からヨダレをタラタラ垂らし続け
時には狂ったかのような鳴き方と遠吠えをしだし
トーイを抱きながらもうダメなのかも知れないと覚悟を決めつつも
今はもう違う病院へと変わっている
以前にトーイを診てもらっていた先生に電話をしていました
夜中にもかかわらず電話に出てくれた先生に
この時のトーイの状態を説明し発作が長引く時には熱が上がり
危ないからと事前に貰っていた座薬を入れて様子を見
翌日病院へ連絡をしておくから行って欲しいと言われ
言われた通りに座薬を入れましたが落ち着く事はなく朝になり
寝ていない私達は病院へ行くのも車を運転する事が出来なく
朝早くから友達に電話をし頼んだところ心よく引き受けてくれて
大阪にある病院へ行く事が出来ましたが病院へと着くまでトーイは
発作・けいれん・ヨダレ・遠吠えとくり返していました。

病院へ着くと即検査入院
3日後検査結果を聞きに病院へとまた向い
担当の先生に結果を聞いたところ
トーイは水痘症の他にてんかんも持っていると・・・
この日はまだトーイの様子が思わしくないという事で
連れて帰る事が出来ずそのまま帰りました

てんかんと言えば人間の赤ちゃんや小さな子供によく聞きますが
犬にもてんかんと言う病気があるとは思いませんでした。。。
犬のてんかんという病気を調べましたがこれも遺伝性の物であり
水痘症と書いてある事がほぼ似ていて
正直自分の中では違いが分からなかったです・・・

10日後トーイが落ち着きを取り戻したという連絡が入り
直ぐに向かいに行きました
先生からまた説明を受け、てんかんを沈める抗てんかん薬を貰いました
1日2回4分の1づつフェノバールと言うこの薬を飲み続ける事によって
寝る時間が多くなりまた他の面で新たに病気が出てくるかも知れない
と言われましたが今はこの薬を頼り様子を見る事しか出来ません
この薬を飲み続け3週間後にはまたトーイのその後を診る事に。
久し振りに見るトーイを連れて来てくれたその姿は
薬で体がグタ~っとしまだ元気のないトーイでした
よっぽどこの薬はキツイのだろうなぁ。。。っと思いましたが
トーイを我が家へと連れて帰れる事が嬉しくて。

連れて帰ってきた2・3日はトーイは寝てばかりでしたが
4日目からは寝てくれる時間が多いどころか夜に寝てくれない・・・
そして今まで歩行がふらつきながらも歩けていたトーイが
薬で頭が朦朧としているのか歩く事も困難。。。
やっと歩きだした思ったらグルグルと回るばかり・・・
また振り出しに戻ったのでは?と不安になりました。

この日からトーイの1日は朝はグズグズいいながらケージの中でオシッコ
オシッコをしたら怒りだすので出し歩かせ歩き出したと思えば
グルグル回りで見ているこっちが目が回りそうになり
抱き抱えると体は熱く目は左右に早く動き舌を出していたり。
昼はそれで疲れてなのか寝てくれるけれども長くて2時間が限度
ふと思い出したかのように起きてはまたグルグル歩き回る。
夜から朝方にかけては発作やけいれんヨダレはなくなったものの
近所迷惑なくらい夜鳴き遠吠えが多くなり
抱き抱え落ち着かせなければ寝てくれなくて・・・
抱き抱えたまま寝てくれたからとケージに戻せばまた鳴くで・・・
そんな毎日がまた続き
さすがに夫婦2人寝不足続きで5日目にはダウン ゙〓■●゙
ダウンしながらもなんとか頑張り続け
後少しで病院へ行くのだからと気合を入れてきましたが
体がついていけず先生に相談し何日か早く病院へ。。。

これまでの状態を話し話を聞いた先生は
『痴呆症があるかも知れない』と !!
痴呆症の病気は老犬に主に多く朝晩が逆になり遠吠えをしたり
歩けばグルグルと同じ所を気がすむまで歩き回ったりと
この様な状態になるらしいのです。
でもトーイは老犬でもないしまだ3才にもなってもいないのになんで!?
って聞いたらトーイの場合若くても元々頭の病気を持っているので
痴呆症が出てくる可能性は少なくはないと言われました。。。
今は少しでも私達が寝られるようにと薬の量を2分の1に増やし
トーイに負担がかかるかも知れないが様子を見る事と・・・
薬の量を増やすことで2日後には昼間や夜は寝る時間が
トーイは増えたけれど今度は食事の時間も寝ているから受付けない状態
何とか食べてくれだしたと思ったら途中で止まり朦朧状態
このままではトーイの体が心配でやはり最初の4分の1に切り替えました

今こうやってブログに向えたのもやっと少し
この生活が慣れてきたからです。
トーイの1日は相変わらずで夜中から朝方にかけて
遠吠えをしたり愚図ったりグルグルと歩き回ったり
狭いところに顔を突っ込んでは怒りだしと寝てくれずです

時間帯夜中から朝方まで遠吠えをするトーイは近所迷惑になると思い
近所の方にはご理解・ご報告をして周りました
だからと言って当たり前のようには出来ません。
遠吠えをする度に抱き抱え落ち着かせ抱いたまま寝かせの繰り返し。
夫婦2人が同じ時間帯でトーイを見ると2人ともが倒れますから
今は食事をするのも交代で、そして寝る時間も交代でしています
朝5時迄は私が起き続け5時からは旦那に代わってもらい
トーイが愚図り鳴くたびに見てもらっています
でも旦那が仕事へ行くとトーイはまた愚図り
皆が起きている時間帯なので鳴き放題
その間私は爆睡で9時までは寝ています。

今日はやっとこのブログを書いていたら6時半になってました
長い事書いてしまいましたが最後まで読んでくれてありがとう!
これからも不定期なブログではありますが
こんな状態の半年間だった事をみなさんにご報告を。












プロフィール

zero

Author:zero
☆犬種・動物関係なく
お友募集中です
よろしくお願いしま~す☆



☆我が家の⊆^U)┬┬~たち紹介☆
mousse(ムース)
ピュアクリームの♀
外では内弁慶ですが家では
我が道を行く子です( ̄ω ̄;)


toy(トーイ)
ぼく負けないよ

チョコタンの♂
我が家へ来たのが生後4ヶ月、
そしてその2カ月後
水痘症という病気になり3年半
飼い主共々病気と闘い頑張りましたが
2007年12月11日午後6時15分頃
3才7か月我が家で他界・・・
可愛かったトーイが居なくなり
今もまだ悲しく寂しいけれど
トーイと病気の闘いは
後悔も悔いもありません!


fayray(フェイレイ)
ブラックタンの♀
ムースの子供です
外では親譲りの性格ですが
家ではワガママ放題の甘えん坊
男の子と間違えられるのだ(ノ_-;)


☆お断り☆
中傷的なコメント又
他の方にご迷惑が掛かる様な
コメントやアダルトサイトの
宣伝や広告ど
管理人が不適切と思ったコメント
トラックバックは許可なく
消去させて頂きます

頑張れわんこ達!

同じような病気、 また病気名は違っても共に わんちゃんと飼い主さんが闘っている  HP ・ ブログです

ミントちゃんはトーイと同じ水痘症と闘っています。 ミントママさんからは色々と教えて頂ました                                                 桃ちゃんはクッシング症候群と闘っています      バロンちゃんは椎間板ヘルニア・臍ヘルニア・前立腺肥大などと闘っています クッキーちゃんは自己免疫性リウマチ様疾患と闘っています                            

とても参考になると思います

お気に入り

気に入った商品をご紹介

今日の出来事
カテゴリー
全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ
ワン友リンク
最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム
フリーエリア

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。