FC2ブログ

てんてこ毎々

愛犬ダックス親子のこと自身のことくだらないことなど♪                                                           *申し訳ありませんがコメントは受け付けておりません(_ _)

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主体調不良・・・

飼い主、ただいま体調不良につきブログ更新が出来ずでいました

まず初めにブログ拍手でコメントを下さった方々ありがとうございます
そしてジャンキーから遊びに来て下さった涼★リョウ★涼さん
コメントを残して下さりありがとうございます

とうとう恐れていたことが起こってしまいました
以前から体調がおかしく感じていたワタシ
トーイのこともあり自身が病院へと足を向けることは出来ずでいまいた
胃がすごく痛かったり年中掛っている冷房のこともあるからか
手足が冷えてしびれたりとなっていました。。。

なんだか身体がおかしいような気がするな、、、
3○才にもなるともうそろそろ健康診断を受けないとな、、、
っと思っても自分にごまかしながら毎日を過ごし
出来る限り倒れることもなくトーイの介護が出来たならと
思い頑張って来ましたがやっぱり身体は正直なんですね・・・

実はこの他に先々月不正出血がありました

1日だけの出血で量はほんのチョロっとでしたが
生理以外にある出血は日数関係なく
量が少なかろうと多いかろうと不正出血となるそうです

ワタシは何年か前に急なストレスが原因で
不順となり病院からの薬を飲み続けています
重くても48キロと細かった体系も今は体重も増えてしまい
ちょいと小太りになってしまっています
不正出血もストレスからもなる場合があると
書いてあるのを見ましたがホントなのかウソなのか分りません。

更年期障害なんやろかそれとも・・・癌・・・と
その月は焦ってしまいましたが
近いうちに大学病院へと行く予定があったので焦る気持ちを押え
予約日に毎回診ていただいている産婦人科の先生に相談。。。

先生曰く心配ないだろうと言ってくれましたが
かれこれ2年も癌検診をしていないのでその場で癌検診をしました

それから不正出血はなくなっていたのですが
今月初めに生理が来だし終わったと思えば10日後にまた生理
いゃいゃ不正出血が出たんです・・・
しかも今回は生理と同じような量で止まることなく

先月に癌検診をしたものの病院からは何の連絡もなく
連絡がないと言うことは良性じゃないと友達に言われましたが
不安が募るばかりで病院へと連絡しても
ワタシが診てもらっている先生は月曜日しか病院での検診をしない
検診日以外の先生が病院へと出てきているかどうかは
受付の方に聞くしかなく、、、
また癌検診の結果を聞かなければ他の婦人科へと行っても
1からの検診となりますし近くの婦人科へと行く事も出来ずです

大学病院の担当の先生はこちらの病院の婦人科で紹介された先生で
患者さんも多く有名な先生らしいですが月曜日にしか検診しないため
他の曜日では連絡は取れないし直行に行く事も出来ずで
何かあったときは正直困ってしまいます
1度先生からの予約日を逃してしまうと次回の予約は受付係の方に
電話受付となってしまいこれがなかなか通じず大変

電話で受付の方に事情を話しなんとか先生へと連絡をして頂き
やっと連絡がとれ癌検診の結果を聞くと異常なしと言う事でしたが
今の状態を話し緊急で診ていただくこととなりました

知らなかったのですが子宮癌検診って外側と中側があるらしいですね
以前に調べたのは外側だったので今度は中側を調べようと言われました
外側での検診は(んもう終わったの痛くないな)って思っていたけど
中側の検診は『痛い』っと周りに聞こえるくらい叫んだほどですが
不妊治療で卵巣に受精を受けておられる方は
もっと痛い思いをしているんだとつくづく想い感じました

この日は癌検診をしてもらい薬で出血は止まりましたが
検査の結果はまだ分かりません。。。

今も不安な日々を過ごしながらトーイの介護に目を向けていますが
もし、結果が悪く手術入院となるとトーイのことが心配で・・・

自分で水が飲めないトーイには旦那に看てもらうにも
仕事で帰ってくる時間が夜遅く
早くてもPM9時で遅いときには日付がかわる頃や
かわった後に帰ってきます

いくら頑張って仕事から帰ってきてもらっても
早くてPM6時~7時かと。。。

以前は同じように自分で水が飲めなくても調子が良かったので
朝タップリと嫌って言うほど水を飲ませておけばPM6時~7時の時間でも
トーイは頑張ってくれてましたが体の温度調節も出来ず
段々と悪くなっている今はその間に何度か水分補給を取らないと
脱水状態になってしまうし
もしかしたらそれで発作にも繋がるかも知れません

トーイは病気のためペットホテルでは預かってもらえる訳もなく
また他の病院でもトーイを看てもらうのは断られるケースが多く・・・
トーイが通っている病院ではペットホテルはなく
入院としての対応となります。。。

もしものときを考え
トーイが診てもらっている獣医さんには1度相談はしようと思っています

トーイに何かあったわけでもなく忙しくもなかったのですが
そんなこんなでブログを書くことが出来なかったワタシです。。。



よかったらペットブログランキング
を押してくれると嬉しいです おうえんヨロシクです♪


スポンサーサイト

手足のない犬 太郎くん、頑張れ!

みなさん今日の天才志村どうぶつ園見ましたか?

以前にも紹介された犬の太郎くん。
太郎くんは4本の手足と尻尾がありませんが
それでも太郎くんは大好きな散歩を楽しんでいましたね

福岡で暮らす太郎くんの飼い主さんは高齢なおじいちゃんでした
獣医さんでも何が原因なのか分らない手足の変色・・・
安楽死か延命かでおじいさんと話し手術を受けることになった太郎くん
命を救うかわりに手足4本と尻尾を無くしてしまった
太郎くんのお話です。

手術後の太郎くんを高齢なおじいちゃんが看るのは大変なこと。。。
そのことでおじいちゃんと手術をした獣医さんは
太郎くんのその後を話し、結果
獣医さんが太郎くんの飼い主さんとなりました。

獣医さんにとってとても気にかけていたことが太郎くんにありました
そこで登場したのが犬の言葉や気持ちが分かるハイジさん。

獣医さんが気にかけていたのは
飼い主であるおじいさんとは手足の切断手術の話を
十分にしましたが犬の太郎くんには何も言わないまま
麻酔をかけ手術をおこなったこと。
そして麻酔から覚めた時に無くなってしまった手足と尻尾のこと。。。

そのことをハイジさんに伝えハイジさんは太郎くんから
その時の気持ちや言葉を読み取り話します。

最初の太郎くんはハイジさんの顔を目を見ることもなく
「なに?この人??何しに来たの?」と
視線をそらしていましたが
太郎くんは今まであった手足が無くなり
そのことで周りのわんちゃんたちにからかわれ
辛くて悲しい思いをしてきたことを今の飼い主である獣医さんへ
ハイジさんが太郎くん自身の気持ちを伝えているとわかり
太郎くんはハイジさんへ心を開きはじめました。

太郎くんは手術を受ける前
おじいさんと獣医さんから伝わってくるイメージで安楽死をさせられる
と想っていたようで心の中で
「殺さないで!助けて!ボクは生きたいんだ!」
と叫んでいたそうです。

ほんとうなら安楽死と言う言葉は犬には分からないそうですが
イメージが太郎くんに伝わり(殺される)と想ったそうです

麻酔から目が覚めた太郎くんは手足4本と尻尾を無くしたものの
「ボク生きてるんだ!」と生きていることがわかり
手術後は痛くて辛かったようですが
目が覚めて生きていることの喜びと
手術をしてくれた獣医さんにとても感謝していると
ハイジさんは獣医さんに伝えていました。


太郎くんの心の叫びを聞いた時ワタシは涙が出ました

同じようにトーイも交換・安楽死の話に挟まれましたし
太郎くんと同じように病気が分かってもまだ元気な姿でいたトーイに
安楽死は受け入れることも考えることも出来ず
また2ヶ月間一緒に暮らしたトーイを交換も考えられなく・・・
結果ワタシたち飼い主はトーイに頭の手術をさせましたが
今もたまに涙いっぱい出しながら寝ているトーイの姿を見ると
トーイにとってほんとうにこれで良かったのかと思う時もありで・・・

手術を無事終えてヨタヨタとしながらもまた
歩けるようにはなったトーイだけれど
太郎くんと同じように頑張って歩いているトーイもからかわれたり
辛くて悲しい思いをさせてしまってる?のかなぁ。。とみていて想った

そして太郎くんの殺さないで!と言う心の叫びを聞いた時
もしかしたらトーイも交換・安楽死と延命の話が伝わり
太郎くんと同じようにそう想っていたのかな?って。。。

でも太郎くんは麻酔から目が覚めたとき生きていることが分った。
そう想うとこれもまた飼い主の勝手な想いなのかも知れませんが
トーイも麻酔から目が覚めたとき
太郎くんと同じように「ボクは生きている」
ってトーイも喜んでくれたかな?って。

トーイとだぶらせてしまったけれど
太郎くんから教えてもらった気がします。

いろいろな病気と闘うわんちゃんたち、飼い主さんたち、
そしてトーイと自分にも

負けるな!頑張れ!!



よかったらペットブログランキング
を押してくれると嬉しいです おうえんヨロシクです♪


PCの休み間に② パピヨン犬

PCを休んでる間に2件のパピヨン犬飼い主さんから連絡が入りました。

1件は仕事の付き合いで知り合った事務員の子Mちゃん
7・8年前かな?ワタシたちの先住犬で飼っていたパピヨン・ゼロを見て
Mちゃんはカワイイ~♪と言ってくれて
後にMちゃんもパピヨンを飼うこととなりました^^

Mちゃんが最初に飼ったのは男の子で後から来たのが女の子♪
とても可愛らしい2匹でしたが事情やわけがあって仲が良い2匹は
離ればなれになってしまいました。。。
Mちゃんが今も一緒に暮らしているのは最初に飼った男の子ですが
でもMちゃんは飼っていた女の子のことを忘れたことはありません。
事情があり離れてからも最初のうちは何度か会うことも出来ましたが
次第にMちゃんは会うことが出来なくなってしまいました。。。

以前はよくMちゃんが勤める会社へと用事があり
遊びに行っていたワタシでしたがトーイの病気からは
会社へと行く回数が減ってしまい
Mちゃんとも話す機会がなくなってしまいまいた。。。

そんな中突然Mちゃんから届いた1通のメール

メールの内容は以前飼っていたパピヨンの女の子が亡くなった、、、
とのこと。
突然のことでビックリしました。。。
Mちゃんが飼っていたパピヨンちゃんはまだ若かったはずなのに・・・

亡くなった原因は乳がんでした・・・
会うことも出来ず苦しんでいる間、
そして最期を看取ってやれなかったMちゃんは
とても心を痛んでいました。。。

Mちゃんの事情やわけを知っているワタシから言えたのは
事情がありMちゃんと離れ仲が良かったパピヨンの男の子とも
離れ離れになってしまい辛くて寂しい思いをしたかもしれないけれど
Mちゃんと出会えたこと、Mちゃんが飼い主であったこと、
決して亡くなったパピヨンちゃんは忘れていないよ。。。
そしてきっと今は大好きだったMちゃんの傍にいるからと。。。

その言葉しかワタシは言えませんでした・・・


そして2件目はその2週間後のこと、
今度は兄貴の嫁さんから電話が入り
妹の家で飼っているパピヨンちゃんが寝たきり状態になり
自力でウンチが出ないと言う連絡がありました。

兄貴夫婦が飼っている2匹のパピヨンちゃんが親で
嫁さんの妹が飼っているのがその2匹の子供なのですが
そのときの電話は嫁さんにもなぜ寝たきりになったのか
分からないらしくただウンチの出し方はない?と聞かれたのです。

オシッコならチン横の腹を両方から押してやると出るには出るのですが
ウンチは下剤しか手がないと想いそう伝えましたが
病院へと連れて行き見てもらうのが1番いいよと言いました。
嫁さんの話によると病院には連れて行ったらしいが・・・とのこと。

他の病院へは?行ってみた??と聞くと私もそう言ったけど
看護婦をしているからか他の病院へは連れていかないらしいと・・・

とにかく下剤のことや病院のことを言って
そして時間が空いたら様子を見に行ってみるわと電話は切れました。

気にはなるものの仕事をしている兄貴夫婦に連絡も出来ず
何日か経ち実家から電話がありました。
兄貴の嫁さんからペットシーツを預かってるから取りにおいでと。

兄貴夫婦のパピヨンちゃんたちは外でしかオシッコやウンチはしない。
その言葉を聞いた時、あぁ・・・亡くなってしまったんだと思いました

盆に実家へと帰ったところ兄貴夫婦も顔を出したので
妹さんちのパピヨンちゃんの話を聞くと
原因はMちゃんとこと同じ乳がんでした。。。

1度出来ていた大きなしこりを取ったらしいのですが
その後転移していたことに気付かず
だんだんと食が無くなっていたことに気付き連れて行ったときには
もう手遅れだったそうです。。。

覚悟を決め連れて帰ったものの食だけじゃなく水も飲まなくなり
次第にオシッコやウンチも。。。

兄貴夫婦が見たときには寝たきりでハアハアと舌を出し
目はうつろで瘦せ細りもうダメだと思ったらしい・・・
見ているだけで辛かったけど
最期は家族みんなで看取ってやれることが出来た
と言っていました。



2件して同じパピヨン犬で同じ病気で亡くなった話を聞くなんて・・・
悲しいです((((_ _|||)))) 



よかったらペットブログランキング
を押してくれると嬉しいです おうえんヨロシクです♪


プロフィール

zero

Author:zero
☆犬種・動物関係なく
お友募集中です
よろしくお願いしま~す☆



☆我が家の⊆^U)┬┬~たち紹介☆
mousse(ムース)
ピュアクリームの♀
外では内弁慶ですが家では
我が道を行く子です( ̄ω ̄;)


toy(トーイ)
ぼく負けないよ

チョコタンの♂
我が家へ来たのが生後4ヶ月、
そしてその2カ月後
水痘症という病気になり3年半
飼い主共々病気と闘い頑張りましたが
2007年12月11日午後6時15分頃
3才7か月我が家で他界・・・
可愛かったトーイが居なくなり
今もまだ悲しく寂しいけれど
トーイと病気の闘いは
後悔も悔いもありません!


fayray(フェイレイ)
ブラックタンの♀
ムースの子供です
外では親譲りの性格ですが
家ではワガママ放題の甘えん坊
男の子と間違えられるのだ(ノ_-;)


☆お断り☆
中傷的なコメント又
他の方にご迷惑が掛かる様な
コメントやアダルトサイトの
宣伝や広告ど
管理人が不適切と思ったコメント
トラックバックは許可なく
消去させて頂きます

頑張れわんこ達!

同じような病気、 また病気名は違っても共に わんちゃんと飼い主さんが闘っている  HP ・ ブログです

ミントちゃんはトーイと同じ水痘症と闘っています。 ミントママさんからは色々と教えて頂ました                                                 桃ちゃんはクッシング症候群と闘っています      バロンちゃんは椎間板ヘルニア・臍ヘルニア・前立腺肥大などと闘っています クッキーちゃんは自己免疫性リウマチ様疾患と闘っています                            

とても参考になると思います

お気に入り

気に入った商品をご紹介

今日の出来事
カテゴリー
全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ
ワン友リンク
最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム
フリーエリア

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。